Web MIDI API
実験室

ブラウザーを使ってWeb MIDI APIや
MIDIやオーディオの実験を行っています

getUserMediaを使ってみる(カメラ編)

getUserMediaを使って、PCの内臓カメラの絵をブラウザで表示します。5年前に行った実験を書き直しました。

getUserMediaを使ってみる

getUserMediaを使って、マイクの音をいろいろ処理してスピーカから再生します。5年前に行った実験を書き直しました。

Springbeats Virtual MIDI Cable

Windows上の2つのアプリをMIDIでつなぐときのバーチャルMIDIケーブルです。LoopMIDIの代替えです。

NRPN Controller

NRPNのMSB, LSB を16個のスライダーに登録し、MIDIデータを出力します。
簡単な説明をここに置きました。

Web MIDI API サンプルプログラム(再掲載)

Web MIDI API の使い方を記載したサンプルプログラムです。このページ自体がWeb MIDI APIを使っていて、デベロッパーツール(ctrl+shft+i)で見ると、MIDIのポートの情報をコンソール(console)で見ることができます。

Web MIDI APIの動作テスト

Web MIDI APIが使えるかどうかをテストします。OKであれば接続しているポート名を表示します。

MIDI モニター

シンプルなMIDIモニターです。受信したMIDIイベントをHEXで表示します。


説明、プログラムはこちらを参照してください。

MIDI Send and Recieve

MIDI の送受信の実験ができます。例えば、楽器に対してバルクダンプリクエストを送って、楽器から戻ってくるバルクダンプを表示します。


説明、プログラムはこちらを参照してください。

MIDI パッチベイ

複数のMIDI入力、複数のMIDI出力がPCにつながっている時、MIDIデータのパッチングを行います。


説明、プログラムはこちらを参照してください。

SMF プレーヤ

SMFを再生し、音源を鳴らします。特にNSX-1、ポケミクで音楽を再生したい時に、GM対応しているチャンネルを使って音楽を再生します。 ポケミクの場合は、[▲]+[▼]+[U]同時押しで「NSX-1モード」にしてください。


説明、プログラムはこちらを参照してください。

Web AUDIO API実験室

Web AUDIO APIを使って、ブラウザでオーディオの実験(音を鳴らす)を行っています。

MIDI AUDIOエトセトラ

Web MIDI APIやWeb AUDIO APIを実験している途中で、他のWEBページのAPIを使って見るとか、javascript勉強などもろもろやってみた記録です。