Springbeats Virtual MIDI Cableの使い方

Windows上の2つのアプリをMIDIでつなぐときのバーチャルMIDIケーブルです

Posted by on May 6, 2020

Springbeats Virtual MIDI Cableは以下のサイトからダウンロードすることができます。

今日現在、「sbvmidi-setup-1.0.2.exe」がダウンロードできます。このファイルをダブルクリックするとインストールが始まり、インストールディレクトリを変更しなければ、「C:\Program Files\Springbeats Virtual MIDI Cable」にアプリがインストールされます。フォルダーを見てみると、以下のようなファイルが入っています。

   

実行ファイルはdevcon32.exe, devcon64.exeの2つあります。Windows のビット数によって使い分けます。私のOSはWindows 10, 32bitなので、devcon32.exeをダブルクリックします。見た目には何も変わらないので、起動しているのか、わかりにくいです。Web MIDIテストでMIDIの入出力ポートを確認します。

入力、出力のSpringbeats vMIDIポートが8個づつ追加されています。使い方の確認はLoopMIDIを参照してください。

このバーチャルポートには、ソースコードが開示されています。アプリに組み込む際には、ライセンスを受けなければなりません。